Friday, April 18, 2014

stories-yet-to-be-written:

The Best Pictures Of This Year’s Japanese Cherry Blossoms

The Japanese cherry blossom, known as the Sakura in Japanese, is the flower of a cherry tree that is cultivated for its decorative features rather than for cherries (it doesn’t bear fruit). The overwhelming beauty of the cherry blossom bloom has been known and adored for ages. The blooming period is associated with Japanese traditions, culture, aesthetics, and is a bittersweet metaphor for the ephemeral nature of life itself.

The blooming cherry blossoms herald the beginning of the centuries-old Hanami festival – the traditional Japanese custom of picnicking under trees rich with flowering Sakura branches and enjoying this short but striking first breath of spring. The blossoming wave usually starts in Okinawa in January or February and progresses through all of Japan until April or May. The cherry blossom front (Sakura zensen) can be conveniently tracked every year using this calendar.

Source: Demilked Magazine

shinigamiofhope:

Sakura and Mt.Fuji (by Jiratto)

shinigamiofhope:

Sakura and Mt.Fuji (by Jiratto)

 安倍晋三首相は18日、連合が26日に東京都内で開くメーデー中央大会に出席する方向で調整に入った。連合の招待に応じるもので、自民党政権では2001年の小泉純一郎元首相以来13年ぶり。 時事ドットコム:安倍首相、メーデー出席へ=公明・山口代表も
こんな幼稚で偏った人が児童文学者で平和運動家とかw
7. 名無しさん@ほしゅそく   2014年04月18日 00:04  ID:cCHaun1dO このコメントへ返信
平和活動家()
この方頭大丈夫なのかしら?

平和運動家の池田香代子が「あ べ し ね」とツイート → 批判殺到 → 「♪くたばっちまえ アーベ」|保守速報 (via 774rider)

世界がもし100人の安倍晋三だったら、皆殺しなんですね?

 トルコとアラブ首長国連邦(UAE)への原発輸出を可能にする原子力協定が、18日の参院本会議で自民、公明、民主各党の賛成多数で承認される。衆院では承認済み。安倍政権は原発輸出を成長戦略の一つと位置付けており、両国への輸出を推進する考えだ。
 賛成の党議拘束をかけた民主党内には、「2030年代に原発稼働ゼロ」とする党の政策と原子力協定は相いれないとの意見があり、一部議員が棄権する可能性がある。
 民主党は15日、衆院本会議の採決時に退席した議員2人の党役職を解任し、欠席した菅直人元首相らを幹事長名で注意した。党執行部は、造反が参院に波及するのを警戒している。(2014/04/18-05:49)  
時事ドットコム:原子力2協定を承認へ=民主、造反警戒-参院
gina-rainbow:

垂れ桜 on Flickr.
京都御苑のさくら

gina-rainbow:

垂れ桜 on Flickr.

京都御苑のさくら

  4月17日(ブルームバーグ):スウィーティちゃんは他の不運なフィリピンの少女たちと同じように見える。10歳の彼女はインターネット上で、自分を買ってくれる男性を探している。ウェブカメラの前でいろいろな行為をして見せることでお金をもらう仕組みだ。

彼女がネットにログオンすると、「働いているの?」、「君くらいの歳の女の子が好きなんだ」などのメッセージが舞い込む。交渉が成立すると客たちはスカイプや「Yahoo! Messenger 」などで自分だけのためのショーを楽しめるというわけだ。

しかしスウィーティちゃんはほかの少女たちとは違う。実は彼女は、インターネット上で子供を相手に買春をする小児性愛者たちを摘発するためにオランダの非営利団体が作り出したアバター(ネット上での仮の像)なのだ。

昨年彼女がネット上で仕事をしていた8週間の間に、約2万人が連絡を取ってきた。アムステルダムの倉庫で作業をする研究者たちのキーボード操作で、スウィーティは首を振ったり相手を見つめたり、ウェブカメラを調整しようと手を伸ばしたりする。超リアルなアニメーションで男たちを引き付けた後、研究グループは相手の電子メールアドレスとフェイスブックのアカウント、正面を向いた顔写真を手に入れ、接続を切る。スウィーティは結局何もしてくれない。

こうして、世界各国からの約1000人の容疑者のデータが、国際刑事警察機構(インターポール、ICPO)に渡された。

インターネットの普及で児童ポルノの入手や販売が容易になる一方、テクノロジーでこれを防止する方法も増えた。ICPOで子供に対する犯罪防止を担当する責任者のミック・モラン氏は「この問題を解決するテクノロジーには無限の可能性がある」と話した。

子供の買春許さない、オランダの非営利団体が「仮想少女」で罠 - Bloomberg

  4月17日(ブルームバーグ):ロシアのプーチン大統領は、ウクライナが天然ガスの代金支払いを再開しない場合、1カ月後に前払い方式に変更する考えを示した。欧州への燃料供給に支障を来す恐れがある。

プーチン大統領は17日テレビの視聴者参加番組で、ウクライナから3月のガス代金として「1ルーブルも、1ドルも」受け取っていないとした上で、ロシアには「1カ月待つ用意がある」と述べた。

大統領は欧州各国の首脳に対し先週、天然ガスの滞りない調達を確保するためにウクライナを支援するべきだとする書簡を送付。ロシアの国営ガス会社ガスプロムはウクライナにガスを供給しているが、ぺスコフ報道官が11日語ったところによれば、未払い分22億ドル(約2250億円)超が支払われる可能性はほとんどない。

プーチン大統領は「忍耐強く待つ考えだ、1カ月我慢する。今月、また来月中に支払いがない場合、契約に基づき前払い方式に変更する」と表明。「これは極めて困難な支払い方式だ。欧州の顧客への輸送混乱につながる可能性がある」と続けた。

露大統領:「1カ月待つ」-ウクライナのガス代金未払いで - Bloomberg

前頭葉の神経細胞が動物の攻撃行動を抑制することを、国立遺伝学研究所(静岡県三島市)の高橋阿貴(たかはし あき)助教と小出剛(こいで つよし)准教授らがマウスの実験で初めて証明した。動物の生存にとって攻撃行動の調節は重要であり、その神経レベルの仕組みを解明する成果として注目されている。大阪大学大学院薬学研究科の永安一樹(ながやす かずき)助教と京都大学大学院薬学研究科の金子周司(かねこ しゅうじ)教授、西谷直也(にしたに なおや)大学院生との共同研究で、4月17日の米オンライン科学誌プロスワンに発表した。

動物の攻撃行動は、なわばりや地位、子どもを守ろうとするときなどに観察される。しかし、この攻撃が過剰にならないよう、実は抑制がきいている。ほどほどの攻撃にとどめるため、ブレーキがかかっているのである。こうした調節の仕組みは前頭葉にあるとされているが、詳細はわかっていなかった。

研究グループは、雄マウスの前頭葉の働きを解析した。光を当てることによって特定の神経細胞を活性化したり抑制したりするオプトジェネティクス(光遺伝学)の手法を使った。前頭葉の中でも攻撃行動に関わるのは内側前頭前野という領域とされている。今回、この領域に細い光ファイバーを差し込み、青色の光を照射して活性化すると、攻撃行動の頻度が減少した。また、すでに攻撃行動をとっているときに、この神経細胞を活性化させても、攻撃行動を即座に抑えることはできなかった。

実験結果から、前頭葉の内側前頭前野は攻撃行動を起こりにくくするブレーキになっているが、ひとたび始まってしまった攻撃は止められないことが明らかになった。一方、黄色の光を照射して内側前頭前野の神経活動を抑制すると、攻撃行動が増えていた。この実験では、攻撃以外の行動には影響がなかった。

研究グループの高橋阿貴さんは「攻撃行動が前頭葉の神経で調節されていることを直接的に実証したのは初めてだ。多くの専門家の支援で、光遺伝学を駆使して実験ができた。前頭葉は霊長類やヒトで発達したので、マウスの結果をすぐに当てはめられないが、脳の基本構造は似ており、ヒトの行動の研究の手がかりにもなるだろう」と話している。

攻撃行動を抑える前頭葉の働き解明 | SciencePortal
 【ワシントン時事】甘利明TPP担当相は17日、記者団に対し、3月下旬のオランダ・ハーグでの日米首脳会談で、安倍晋三首相がオバマ米大統領に環太平洋連携協定(TPP)交渉で、「日本農業が壊滅的な打撃を受けるような政治決断はできない」と伝えたことを明らかにした。オバマ大統領は「そのような事態に至る政治決断は求めない」と応じたという。ハーグ会談の日本農業をめぐる具体的なやりとりが明らかになったのは初めて。
 甘利担当相は、フロマン米通商代表部(USTR)代表との協議について、ハーグ会談を踏まえて「首脳間で交わされた話をしっかり受け止め、現場に具体的に落とし込む」と強調した。
 また、首相が講演で日米協議に関し「数字を超えた大きな意味があるという高い観点で妥結を目指す」と語ったことに関し、「首相は数字にこだわっており、日本農業が壊滅するような数字は出せないとはっきり言っている」と述べた。(2014/04/18-00:46)
時事ドットコム:安倍首相「農業壊滅の決断できぬ」=米大統領も了承-TPP

BACK TO TOP